赤ちゃんの歯を虫歯から守ろう!予防のため押さえるべきポイント

常に清潔な状態にしよう

おすすめリンク

親がしっかり対処すること

菌が繁殖すると、虫歯になってしまいます。 ですから歯を磨いて、菌をしっかり除去しなければいけません。 赤ちゃんだって、歯磨きが必要です。 ただ赤ちゃんは自分で歯を磨けないので、親が磨いてあげてください。 最初の段階で、歯磨きは怖くないと認識させましょう。

大人も子供も予防は同じ

口内を清潔な状態にするためには、やはり歯磨きが最も重要です。
しかし赤ちゃんは、自分で歯を磨くことができません。
親が代わりに磨いてあげなければいけないので、やり方を覚えてください。
力を込めて磨くと、赤ちゃんは痛いと感じてしまいます。
すると歯磨きが怖いものだと認識するので、今後は歯を磨かせてくれなくなるかもしれません。
優しい力で擦るだけでも、汚れを落とすことはできます。
赤ちゃんの口は小さいので、それに合わせて小さいサイズの歯ブラシが良いでしょう。

おやつの時間を決めることも、虫歯予防になると言われています。
常におやつを食べさせていると、虫歯菌が口内で繁殖するでしょう。
甘いものは虫歯の原因になるので、糖分の少ないおやつをあげることも予防になります。
赤ちゃん用のおやつを購入する際は、成分表示を確認してください。
そこに含まれている、糖分の量が記載されているはずです。
糖分が多いと感じたら、避けてください。

生まれたばかりの赤ちゃんの口内には、虫歯菌は存在しません。
しかし大人から感染して、虫歯になることがあります。
ですから赤ちゃんの周りの大人が虫歯対策をすることが、結果的に赤ちゃんの虫歯対策に繋がります。
赤ちゃんの歯磨きだけ徹底して、自分の歯磨きが疎かにならないように注意しましょう。
大人も赤ちゃんも、食べた後はすぐ歯を磨いてください。
外出先で歯磨きができない場合でも、うがいだけでもさせるのが良い方法です。

何をおやつに食べさせるのか

赤ちゃんは一回に食べる量が少ないので、食事と食事の間にお腹が空いてしまうことがあります。 そのような時はおやつを与えるでしょう。 しかしおやつを与えすぎたり、糖分の多いおやつだと虫歯になるリスクが高まります。 何をあげれば良いのか、よく考えてください。

大人から感染する場合

赤ちゃんの口内に虫歯菌がいなくても、大人から感染して虫歯になってしまうことがあります。 ですから赤ちゃんだけ、虫歯予防をしても意味がありません。 周りにいる大人も、虫歯に注意して生活を送るのが良い方法です。 食事の後は歯を磨くことを、大人も赤ちゃんも守りましょう。


PAGE
TOP